兵庫県の公立高校入試について知っておこう!【第一弾】学力検査?複数志願?ってなんだ?

皆さんこんにちは。
神戸市灘区の自称「面倒見の良さNo.1!」の学習塾、WinStar個別ONE六甲道校教室長リッキーです。
ご機嫌麗しゅう。

中学三年生は学校の面談で志望校の話が本格的に始まる頃かと思います!

「推薦受ける?」とか
「この高校特色選抜ある?」とか
「一般だけ受ける?」とか
「第二志望どこにする?」
とか
悩んでいるのではないでしょうか?

ところで、
推薦とか特色選抜とか複数志願とか、なんのことだかわかってますか???

特色選抜?複数志願?なんだろう?


わかってますか???とか言いながら、私も神戸に来た当初はなんのことやら。
「複数志願制???特色選抜???なにそれおいしいの?」って感じでした。

もしかしてそんな状態の中3生がいるんじゃないか?
中1・2生にも知っておいてほしい!
ということで!

「兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱」を参考に
兵庫県の公立高校入試について詳しく解説していきます!

兵庫県公立高校入試どんな種類があるの?

一般的な受験生が受ける入試は大きく分けて3種類!

①学力検査

いわゆる一般入試!3月に受けるやつです!

②特色選抜

特色選抜を実施する高校に限られますが、この高校で学習したい!って意欲が強い人が受けられます!
12~1月に出願、2月中旬に面接や適性検査を受けます!
合格発表は2月下旬!

③推薦入学

出願や試験の日程は特色選抜と同じですが、こちらは特色選抜と違い中学校長の推薦が必要です!

今回は学力検査についてチェック!

「学力検査による選抜」と公式には出されてますが、
いわゆる一般入試!大多数が受ける入試のことです!

令和2年度入試では
3月12日(木)実施です!

疑問に上がることの多いであろう(私も疑問に思っていた)配点複数志願制度について詳しく!説明していきま~す!

学力検査の配点は?

学力検査(入試)当日の成績
250点満点

+
調査書の学習評定(内申点)
250点満点

500点満点で合否が決まります!

ちなみに、合否判定の資料として使われる調査書の評定は3年生2学期までのもの!
中学3年2学期期末までが超重要!!!
内申点の重要性については過去のブログでも触れました!→こちら

調査書の評定(内申点)の計算方法!

評定の計算の仕方は国数英理社5教科実技4教科でそれぞれ別の計算をしていきます!
※すべて
5段階評定で計算します!

まずは5教科!

たとえばオール3だと…

国語 社会 数学 理科 英語 5教科合計
3 3 3 3 3 15

オール3だと5教科合計15点!
これを4倍した点数を使います!

オール3だと…
5教科合計15点×4=60点

オール5であれば…
5教科合計25点×4=100点

次は4教科!

またまたオール3だと…

音楽 美術 保健体育 技術家庭 4教科合計
3 3 3 3 12

オール3だと4教科合計12点!
これを7.5倍した点数を使います!

オール3だと…
4教科合計12点×7.5=90点

オール5であれば…
4教科合計20点×7.5=150点

それぞれの点数を足すと…

オール3だと…60+90=150点
オール5だと…100+150=250点

これが内申点分の点数になります!
入試を受ける前に、半分の点数は決まってしまう!

お気づきでしょうか…
実技4教科の重要性!

5教科は4倍ですが、実技4教科は7.5倍もされるんです!
実は、実技めっちゃ大事なんです!!!

実技の評定が1上がると、入試の点数は7.5点分上がる!

期末テストはもちろん、授業や提出物しっかり頑張らないと!ですね!

配点についてはもうばっちりでしょうか?
中学生は自分の成績を使って内申点の計算してみてくださいね!

複数志願ってなんだ???

お次は複数志願について!
兵庫県では複数志願選抜または単独選抜で学力検査による入学者選抜が行われます。

普通科総合学科複数志願選抜が可能!

※基本的に専門学科は複数志願選抜を実施しておらず、単独選抜のみとなります。

第二志望校まで志願できるのが複数志願選抜
第一志望には25点の加算

第一志望校の合否判定には上記の500点満点に25点を加算した点数が用いられます!
第一志望校が不合格の場合でも、第二志望校で500点満点の点数で合否判定してもらえる!

第一志望校に入学願書を出す際、願書に第二志望校を書く欄があります!

※願書を出すのも受験会場となるのも第一志望校です!

WinStar個別ONEの生徒たちが受ける第一学区複数志願を実施している高校は…

(塾でよく名前の挙がる高校に色を付けてます。)

普通科(学年制)

東灘御影神戸・夢野台・兵庫・神戸鈴蘭台・神戸北・長田・須磨東・星陵・舞子・伊川谷北・伊川谷・神戸高塚・洲本・津名・淡路三原・市立葺合

普通科(単位制)

北須磨・芦屋市立六甲アイランド

総合学科

神戸甲北・須磨友が丘・淡路・市立須磨翔風

普通科総合学科を志望する人は第二志望まで志願できる!

志願変更ってなんだ???

願書を提出した後、志望校や志望学科を変更するチャンス(志願変更)が一回限りあるんです。
「とりあえず出願しておいて倍率を見てから志望変更すればいいじゃん!」とか思うじゃないですか、
そうはさせてくれない条件があるんです…

(1) 全日制の課程又は定時制の課程の志願者は志願変更の期間内に、次のいずれか1回に限り、志願校、志願課程及び志願学科を変更することができる。
ア 単独選抜から単独選抜(多部制を含む)への志願変更。
イ 複数志願選抜から単独選抜(多部制を含む)への志願変更。
ウ 出願した志願校内の単独選抜実施学科から複数志願選抜実施学科への志願変更。その場合、第2志望校を志願することはできない。
エ 複数志願選抜実施校間の第2志望校の志願変更。

「令和2年度 兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱」より引用

ややこしい~

ア・イ→出願が単独でも複数でも、単独選抜への志願変更はできる!
ウ→同じ高校の複数志願選抜実施学科へ変更する場合

単独選抜実施学科(専門学科)で出願していれば、同じ高校内の複数志願選抜実施学科(普通科・総合学科)に変更OK!でも第二志望校を志願できない!

エ→複数志願で出願していれば第二志望の変更はOK!

複数志願の第一志望校は変更できない!

出願時に…
「K高校は厳しいな~
M高校の普通科を第一志望、F高校の普通科を第二志望(複数志願)で出願だ!」
倍率が発表されて…
「K高校の倍率思ったより低い!これはK高校イケるかも!」
となったとしても!
K高校を第一志望にすることはできない!(第二志望をK高校に変更することはできる。)

結局、志望校・学科についてちゃんと考えてから出願しないといけない!(当たり前か!)

自称!面倒見No.1!WinStar個別ONE!

WinStar個別ONEでは、素敵な大人になるため、将来の夢をかなえるための進路についてとことん一緒に考えます!
今も小学生から高校生まで生徒全員との面談を実施中!

WinStar個別ONEでは、ただ偏差値の高い志望校に合格すればいい!とは考えていません。

どうにか合格して入ったけど、授業に付いていけない…学校面白くない…とは思ってほしくない!!!
その子がその学校に行って幸せか将来の夢につなげられるか、しっかり一緒に考えます。

もちろん目指す進路が決まったら、合格目指してお尻たたきまくって一緒にがんばりますよ~
もちろん物理的にはお尻たたいたりしないので安心してくださいね!笑